私たちの取り組み

環境への取り組み

容器包装資材の回収活動/使用量の削減

商品に使用されたトレーの回収・リサイクルを積極的に進めています。各店店頭には容器包装資材の分別回収ボックスを設置し、お客様のご協力をいただき回収した容器包装類は、牛乳パック272トン、食品トレー40トン、ペットボトル1,408トンに及び、これらは全てリサイクルされています。
商品納入のために使用されている段ボール類12,385トン、発泡スチロール433トンも全量がリサイクルされています。
生鮮(精肉・青果・鮮魚)、惣菜の各売場では現在、バラ売り、1個売りなどの販売方法を積極的に展開しています。この販売方法は包材資材の使用量が減るため、環境負荷の削減につながっています。

※容器包装資材のリサイクル量はいずれも2021年度実績



プラスチック製レジ袋削減及び収益金(※)寄付の取り組み

世界的に課題となっているプラスチックごみやCO2排出量の削減に向けて、プラスチック製レジ袋の削減に取り組んでおります。
有料化に加え、2020年7月1日より更なる環境負荷低減の為、お客様にご提供するレジ袋は環境配慮型のみにいたしました。
レジ袋の有料化によりお客様からいただいた収益金(※)は、環境保全等に役立てて頂く目的で、各店舗所在地の基金等に寄付しております。 (2020年4月11日~2021年12月31日分として、13,131,271円を埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県環境財団へ寄付)

地域の生産者の方と新鮮で安全な食品の提供に取り組んでいます

*埼玉県よりご提供いただきました。

地域の生産者の方と新鮮で安全な食品の提供に取り組んでいます

*神奈川県よりご提供いただきました。


食品廃棄物のリサイクルにも取り組んでいます

食品リサイクル法が改正され、食品小売業は2024年度までにリサイクル率60%を達成する目標に対し、当社では2021年度の実績で66.7%を達成しています。


「廃棄物マニフェスト」の徹底管理

産業廃棄物の排出事業者は、マニフェスト伝票を発行し収集運搬から最終処分まで責任をもって管理する事を義務付けられています。
当社では2003年から独自のマニュアルを作成・運用し、廃棄物処理業者と連携して管理の厳密化を図っています。
また、2014年には、マニフェストの電子化を開始し、より確実な管理に努めています。


環境省の気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同しています

Fun to Share Fun to Share 「Fun to Share」とは
環境省が、地球温暖化対策のため、豊かな低炭素社会づくりに向けた知恵や技術をみんなで楽しく共有し発信する気候変動キャンペーンです。
当社はこの「Fun to Share」に賛同し、省エネ機器の導入や、店舗での電気使用量削減やレジ袋削減等、地球温暖化対策に取り組んでいます。

社会貢献活動

地域のお客様に安全・安心な商品をお届けするために、 そして社会貢献や環境保全のために、ヨークが取り組んでいることを分かりやすくまとめました。
写真やイラストで、お子さまにも楽しんで見ていただけます。 ぜひご覧ください。


地域のお客様が誰でもご利用いただける安全で安心な店舗を目指して

当社では、車椅子で入れる「多目的トイレ」を88店舗に設置。また、店舗入口近くに車いすマーク付きの駐車スペースを設けています。店頭から点字ブロックで案内された「ふれあいコール」は、目の不自由なお客様にも安心してお買物いただけるよう、従業員を呼ぶためのもの。
店舗はバリアフリー新法を基準に設計しており、誰もが安心して利用できる安全な店でありたいと考えています。


※多目的トイレ設置店舗数は2022年6月現在


障がい者雇用促進の取り組み

当社は、障がいのある方々や高齢の方々など誰もが快適に参加できる社会をめざす「ノーマライゼーション」を推進しています。そして「全ての店舗・事業所に障がいのある方が勤務しているのが自然な姿」と考え、一人ひとりの障がいの内容や程度、本人の希望などを考慮した配属先で、他の同僚と原則として同じ仕事をしていただいています。職場の同僚となる社員に対しては、新入社員から障がいのある方に対するサポートの仕方などを身につける研修を実施しています。
2004年には、東京都から障がい者雇用優良事業所の表彰を受けました。現在も、各店舗の売場から事務部門までの幅広い職場で、87名の障がいのある方が活躍しており、法定雇用率も達成しております。
※雇用人数は2019年4月1日現在


認知症サポーター養成

認知症のお客様にも安心してご来店いただける店づくりの一環として、認知症サポーターの養成に取り組んでいます。2021年5月までに、累計約2,500名の従業員 が認知症サポーターになりました。


小・中学校などへの研修協力

出店地域の小・中学校からのご要望にお応えして、「体験学習」に協力しています。店舗に地域の児童・生徒さんたちをお迎えし、店長や社員から指導を受けながら売場での商品の品出し作業、接客など食品スーパーの業務の一部を体験していただいています。
また、障がいのある方の就業支援など社会参加支援の一環として、養護学校からの生徒さんをお迎えし、体験学習を実施しています。


募金活動

1991年から、毎年盲導犬募金を実施しています。また、災害時にはグループ各社とともに被災地救援募金を実施しています。

ヨークはお客様から選ばれるお店を目指し挑戦し続けます